サクスペの女子キャラを愛でる。

パワプロとは恋愛ゲームである!サクセススペシャルに登場する女子キャラのイベント、セリフに特化した情報&攻略サイトです!

選手 鳴響高校

【サクスペ】[エプロン]志藤玲美(しどうれみ)のイベント・セリフ詳細【パワプロ】シドレミちゃんは強く可憐に慎ましく礼儀正しい圧倒的可愛さ!

5月 5, 2020

[エプロン]志藤玲美(しどうれみ)の基本情報とイベント・セリフ一覧

このページでは【エプロン】志藤玲美の基本情報、キャラ性能、イベント・セリフなどを紹介していきます。

シドレミちゃんはこんな娘!

鳴響高校所属の外野手。圧倒的にかわいい。走攻守バランスがいい積極性抜群の選手。吹奏楽部と兼部しているがリズム感に難ありで楽器が弾けない。パワプロの事を野球の先生と慕う。パワプロにお母様直伝の手作りチョコレートを渡すためにエプロン姿で奮闘中?

通常verとの違いについて

金特が変更

野手:安打製造機(確定)からスイープ(不確定)に。

投手:変幻自在(確定)からみなぎる活力(不確定)に。

上限UP追加

通常verでは上限なしだったのがミート上限UP+2に。

所持コツ追加

広角打法のコツを追加。

イベントの変更と追加

「野球のリズム」の3回目の内容が変更。

「備えあればバレンタイン」イベントが追加。

キャラ紹介プロフィール

SR・PSR

走攻守そろった女子の外野手。優等生で一般生徒からの人望が厚い。エプロン姿も様になっているがさて、料理の腕前は・・・

R・PR

女子の外野手。主人公を『先生』と慕っている。今回は、バレンタインのチョコ作りに挑戦するようだ。

基本情報(野手)

カテゴリ 選手
得意練習 打撃&走塁
役割 レンジャー(敏捷)
イベント
固有ボーナス 先生できました!

*タッグボーナス15%

*得意練習率UP

上限UP ミート+2
金特 スイープ(不確定)
コンボ 片桐恋/美藤千尋
コツ 走塁○/アベレージヒッター/守備職人/打球ノビ○/広角打法
ランク B[74]
守備位置 外野手
2 C[69] C[62] B[71] D[55] B[70] D[52]
特殊能力 走塁○/アベレージヒッター/守備職人/打球ノビ○/広角打法

積極打法/積極盗塁/積極守備

[エプロン]志藤玲美(しどうれみ)のイベント・セリフ一覧

※入手できる経験点の値はレアリティやレベルなどによって異なります。

自己紹介

内容を表示する

(カキーン!)

パワ:志藤(しどう)さんナイスバッティング!

志藤:いえ、あれくらいは造作もありません。野球は乙女のたしなみです。

パワ:ははは、野球をたしなむ乙女も珍しいと思うけどね。それに、志藤さんは打って走れて、守れるじゃないか。たいしたもんだよ。

志藤:ただの慣れですよ。中学の頃から続けていますから。それに、あの程度のプレーは先生の足元にも及びません。

パワ:えーっと、その呼び方やめない?オレ、先生って柄じゃないんだけど。

志藤:それはダメです!!私、心から先生のことを尊敬しているんですから!!私が打撃に悩んでいる時に先生がしてくれたアドバイス・・・今でも心に刻まれています。

パワ:そんな大したものじゃないって。ちょっと崩れを指摘しただけだし。

志藤:・・・先生は自分の才能にお気付きになられていないのですね。

パワ:ん?志藤さん、何か言った?

志藤:いえ、なんでもありません。それより、次は先生の番ですよ。ステキなプレー、期待していま・・・

(プァー!!)

志藤:ひっ!?

パワ:なに驚いてるんだ?ただの吹奏楽部の練習だろ?

志藤:はい、ですがお母様に強制的に兼部させられている所なので苦手意識があるんです。それに私、芸術系は大の苦手で楽器の演奏もできないですし・・・

パワ:なるほど、どうりで野球部の練習には毎日出ているワケだ。

  • 志藤 玲美(しどう れみ)に出会った。
  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • 技術ポイントが21上がった。

コツイベント発生時

一緒に練習パターン

志藤:さすが先生。今日は調子がいいみたいですね。

パワ:志藤さん!

志藤:もしよろしければ私も一緒に練習させてください。

パワ:おぉ、ありがとう!

一緒に練習して、さらに能力アップ!

  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • 筋力ポイントが11上がった。
  • 敏捷ポイントが22上がった。
  • 技術ポイントが11上がった。

コツ取得パターン

志藤:さすが先生。今日は調子がいいみたいですね。

パワ:志藤さん!

志藤:あのっ、おこがましいとは思いますが私の特技を覚えてみませんか?

パワ:おぉ、ありがとう!

一緒に練習してもらって、特技のコツをつかんだ!

  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • (走塁○/アベレージヒッター/守備職人/打球ノビ○/広角打法)のコツをかなりつかんだ。

スペシャルタッグ発動時

パワ:やるな、志藤さん!いつ見てもすごい走塁(打撃)だ!

志藤:い、いえ、そんな・・・先生ほどではありません。あのっ、もしよろしければこれからは一緒に練習してくれますか?私も返せるものは返しますから。

パワ:おう、サンキュー!

  • 志藤さんとスペシャルタッグトレーニングができるようになった。

強く、可憐に、慎ましく

内容を表示する

志藤:先生、お疲れ様です。今日も素晴らしいご活躍でしたね。

パワ:いやいや、志藤さんの方が活躍してたじゃないか。なあ、なんでそんなに活躍できるんだ?特別な練習をしてるとか?

志藤:いえ、特には。常日頃から心がけていることがある程度ですよ。

パワ:心がけてること!?それでいいから聞かせてよ!

志藤:幼い頃から、お母様に『強く、可憐に、慎ましくあれ』と口酸っぱく言われているんです。

パワ:なるほど、志藤さんのお母さんって厳しいんだな・・・って、それ野球に関係あるの?

志藤:さぁ?ですが、他にそれらしいものもありませんから。

パワ:だとしたら、その3つの中にヒントがあるのかもしれないな。

強く!

パワ:やっぱり『強く』かな。1番それっぽいし。『野球選手たるもの強くあれ』という意味で、志藤さんのお母さんは言ったんじゃないか?

志藤:そうなのでしょうか?

パワ:ああ、きっとそうだ!よーし、オレも強くなるぞ!

志藤:・・・ですが、先生はどうやって強くなるおつもりですか?

パワ:そりゃあ、その・・・筋トレとか?

志藤:まあ!それはステキなお考えですね!

パワ:そ、そうだろ?じゃあ、さっそく筋トレだな!

よーし!やるぞー!!

志藤:お母様は『心を強く持て』という意味で言ったのだと思うのですが・・・

志藤:やる気になっているので黙っておいたほうが良さそうですね。

  • 筋力ポイントが63上がった。

可憐に!

パワ:『可憐に』だろうな。志藤さんの守備がまさしくそれだし。

志藤:そ、そんな・・・お恥ずかしい限りです。

パワ:オレも可憐さを学びたい。少し練習に付き合ってくれないか?

志藤:は、はいっ!先生のためなら喜んで!

(ダダダダ・・・)

(バシッ!)

志藤:このように、捕球の瞬間はフォームを意識することが大切だと私は考えています。

パワ:まぁっ!素晴らしい考えですわ、志藤さん!

志藤:・・・はい?

パワ:とても勉強になります。私の守備の際には、ぜひ参考にさせてくださいまし。

志藤:あの、先生?その口調は何のつもりですか?

パワ:まずは形から、ですわ。こうやって美しい言葉遣いを・・・

志藤:・・・先生?真面目にやってくださいね?

パワ:ひぃっ!ご、ごめんあそばせーっ!

その日の志藤さんの指導は心なしか厳しかった。

  • 体力が21上がった。
  • 技術ポイントが63上がった。

慎ましく!

パワ:『慎ましく』かな?志藤さんのように・・・って、志藤さんって慎ましいプレーなんてしてたっけ?どちらかというと積極的な気が。

志藤:そうですね。プレーでは積極性を忘れずに全てを出し切っています。ですが、マナーなどの精神的な面では常に慎ましくを心がけていますよ。

パワ:なるほど、気持ちは慎ましくプレーは積極的に、か。

志藤:そうです、いわゆる『ギャップ萌え』というやつですね。

パワ:いや、それはちょっと違うと思うけど・・・

  • 精神ポイントが63上がった。

野球のリズム [複 3回]

1回目

内容を表示する

志藤:はぁ・・・

パワ:志藤さん、なんだか顔色が悪いけどどうしたの?

志藤:あ、先生・・・実は、お母様に叱られてしまって。

パワ:叱られた?いったい何があったんだ?

志藤:『吹奏楽部を兼部しているのに音楽の成績が全く変わっていない』と言われてしまったんです。しかも、このままなら『野球を辞めさせる』と・・・

パワ:野球部を!?それはダメだよ!

志藤:もちろん私もイヤです。だから、どうにかしたいとは思っているのですが・・・

パワ:だったら・・・

楽器を練習しよう!

パワ:楽器を練習するしかないよ。うまい演奏をしてアピールするんだ。

志藤:練習ですか?いまさら吹奏楽部の方と一緒なんて恥ずかしくて、とても・・・

パワ:それなら、オレが練習に付き合うよ。言い出したのはオレだからね。

志藤:先生・・・!!はいっ、よろしくお願いします!

パワ:あれ?でも志藤さんは楽器が苦手なんじゃ?

志藤:トライアングルやカスタネットならかろうじてできます!

パワ:そ、そっか・・・

パワ:これ、本当にうまくいくんだろうか?急に不安になってきたな。

  • 技術ポイントが21上がった。
  • 精神ポイントが35上がった。

お母さんを説得しよう!

パワ:ここは直接、お母さんのことを説得するしかないな。

志藤:・・・そうですよね。わかりました。なんとかお母様を説得してみます。

パワ:頑張れ!オレも応援してるよ!

翌日・・・

パワ:志藤さん!お母さんの説得はどうだった!?

志藤:はいっ!なんとかうまくいきました!

パワ:よかった・・・それで、どうやったんだ?

志藤:説得を始めたら、お母様に『それならあなたの音楽センスを示してみなさい』と言われたんです。それで、いつも通りカスタネットを演奏しようとしたのですが・・・

パワ:か、カスタネット?

志藤:はい、私に演奏できるのはカスタネットかトライアングルくらいなものですので。ですが、別の楽器を使いなさいと言われてしまいました。

パワ:まぁ、そうだよね・・・

志藤:それで、勇気を出してこのリコーダーを吹いてみたんです。そうしたら、意外なことにお母様が許可をくださったんですよ。

パワ:えっ?それでいけるってことは、志藤さんには音楽センスがあるんじゃないか?

志藤:そ、そうなのでしょうか?

パワ:ああ、そのはずだ。試しに、ここで吹いてみてよ。

志藤:わかりました。では、失礼して1曲・・・

(♪〜!♪〜!)

(♪!♪!♪!)

パワ:ギャー!なんだこの音ーっ!?

志藤:ふふっ、どうでしたか?私の演奏は。

パワ:と、とっても強烈な演奏・・・

パワ:なるほど、志藤さんのお母さんはこの演奏を聞いて諦めたのか。

  • 体力が13下がった。
  • 技術ポイントが49上がった。
  • 精神ポイントが49上がった。
  • ささやき破りのコツを少しつかんだ。

*『お母さんを説得しよう』を選択するとここでイベント終了。

2回目

内容を表示する

パワ:これから楽器の練習を始める。志藤さん、準備はいいな?

志藤:はいっ!

パワ:まずはこの曲に合わせてトライアングルを鳴らそう!

(〜〜♪ 〜〜♪)

(チーン・・・)

志藤:どうでしょうか、先生。

パワ:ま、まったくリズムに合ってない・・・そりゃお母さんも怒るはずだよ。

志藤:やはりそうですか。リズム感をもっとイメージできればマシになると思うのですが・・・

パワ:イメージか・・・そうだ、野球とからめたらイメージしやすいんじゃないか?

志藤:野球と、ですか?でも、どうすれば・・・

パワ:いいから、いいから!ついて来て!

志藤:・・・部室?

パワ:そう、ここには試合動画がいくつも保存されているからね。野球でのリズムといえばやっぱり選手の動きだと思うんだ。それに合わせれば・・・

志藤:リズム感をつかみやすいということですか?

パワ:そう、その通り!まずは、この投球リズムに合わせてトライアングルを鳴らそう!

志藤:投球リズムに合わせて・・・

(シュッ)

(チーン♪)

志藤:で、できました・・・ただ投手に合わせただけなのにすごくいい感じです!

パワ:だろ?やっぱり、志藤さんにはこれが1番だったんだよ。さあ、この調子でリズム感を身に付けていこう!

志藤:はいっ!

パワ:次はリリースタイミングが遅いピッチャー!

(チーン♪)

パワ:次はクイックだ!速いリズムで!

(チーン♪)

(チーン♪)

パワ:スゴいよ、志藤さん!完璧だよ!

志藤:本当ですか!?

パワ:ああ、このリズム感があればお母さんもきっと認めてくれるはずだ!頑張れよ!

志藤:はいっ!絶対にお母様を説得してみせます!

  • 技術ポイントが35上がった。
  • 精神ポイントが35上がった。

3回目(エプロンverのみ発生)

内容を表示する

志藤:先生、やりました!お母様が野球部への在籍を認めてくださいました!

パワ:ホントか!?

志藤:はいっ!これで辞めずに済みます!

パワ:そっか、よかったなぁ。練習を手伝った甲斐があったよ。・・・で、志藤さん。どうしてエプロン姿なの?

志藤:えっと、そのことなのですが少々ご足労いただけますか?

(ジャーン!)

パワ:す、スゴい・・・おいしそうな料理がいっぱいだ!

志藤:ありがとうございます。実は、これらの料理は全てお母様の直伝なんですよ。

パワ:お母さんの?

志藤:はい、お母様曰く料理にはリズム感が欠かせないのだとか。それで、私がリズム感を得るまではレシピを伝授できなかったそうです。

パワ:そんな極端な。料理は手際が肝心とは言うけど・・・

志藤:いえ、たとえばこのお造りですが手の熱が伝わらないうちに切らないと食感が活かせません。さらに、こちらのチャーハンは鍋をリズミカルに振ることでお米がパラパラになるんです。

パワ:な、なるほど・・・それでリズム感が必要なのか。

志藤:はい、相当苦労しましたが、その甲斐あって味は折り紙付きです。どうぞ、先生!ぜひ召し上がってください!

パワ:えっ、いいの!?

志藤:もちろんです。協力していただいたことへのせめてものお礼ですから。

パワ:それじゃあ、遠慮なく!いただきまーす!!

(パクッ!)

すごい!メチャクチャおいしいよ!

(パクパクパク!)

→成功の場合

ふう、おいしかったー!

志藤:スゴい、あれだけあった料理がこんなに早くなくなるなんて・・・さすがは先生です!素晴らしいリズム感でした!

パワ:へっ?り、リズム感?

志藤:はいっ!まさにトントン拍子で料理が減って見ていて気持ちよかったです!

パワ:ま、まあ、それだけ料理がおいしかったって事かな、うん。

パワ:なんと言うか、また思わぬところで尊敬されちゃったな。

  • 体力の最大値が4上がった。
  • 体力が80上がった。
  • 敏捷ポイントが49上がった。
  • 技術ポイントが49上がった。
  • スイープのコツを少しつかんだ。

→失敗の場合

パワ:んがっ!?の、ノドにつまった・・・

志藤:先生!どうぞ、お水です!

(ゴクゴク)

パワ:ふう、助かった・・・

志藤:もう、慌てすぎです。もう少しゆっくりとしたリズムで食べないといけませんよ。

パワ:まさか、こんな形でリズム感の指導を受けることになるとは・・・

  • 体力が20上がった。
  • 敏捷ポイントが35上がった。
  • 技術ポイントが35上がった。
  • 一掃のコツをかなりつかんだ。

備えあればバレンタイン(エプロンverのみ発生)

*2月2週、他の彼女キャラのバレンタインイベントの前に発生。

パワ:志藤さん、こんな所に呼び出してどうしたの?

志藤:・・・私、実はバレンタインチョコを作ろうと思いまして。そこで、ぜひ先生にご試食、ご指導いただきたいんです。

パワ:そういうことか。わかった、オレでよければ付き合うよ。

志藤:よかった・・・ありがとうございます、先生。では、ご意見をうかがいたいのですが先生は、味と見た目のどちらを重視しますか?

パワ:そうだな・・・

パワ:味かな、やっぱり食べ物はおいしいのが一番だからね。

志藤:なるほど・・・わかりました。では、その方向で作ってみますのでできあがる頃にいらしてください。

パワ:ああ!

パワ:志藤さんの手作りチョコか。楽しみだなぁ。

パワ:志藤さん、できた?

志藤:はい、ちょうど完成したところです。どうぞ。

(コトッ)

パワ:おっ、チョコレートケーキだ。おいしそう。

志藤:はい、フォンダンショコラです。冷めないうちにどうぞ。

フォンダンショコラ

チョコレートケーキの一種。中に溶けたチョコレートソースが入っている。

パワ:ふぉ、フォン・・・何?

(パクッ!)

パワ:おおーっ!中のチョコがトロトロでおいしい!これを作れるなんてスゴいな!

志藤:い、いえ、そんな・・・レシピ通りに作っただけですから。

パワ:謙遜しなくていいって!これを貰える相手は幸せ者だよ!

志藤:・・・相手?

パワ:えっ、いないの?わざわざ作ったのに?

志藤:え、ええ、そうなんです。ちょっと便乗しただけというか・・・

パワ:なーんだ、そういう事か。勘違いしてゴメン。

志藤:いえ、今は先生と共に甲子園を目指すのが一番ですから。ただ・・・もし、もしもですよ?次の機会があったら、また私のチョコを召し上がっていただけますか?

パワ:もちろん!いつだって大歓迎だよ!

志藤:先生・・・!!はいっ、よろしくお願いします!

  • 体力の最大値が4上がった。
  • 体力が20上がった。
  • 筋力ポイントが35上がった。
  • 敏捷ポイントが35上がった。
  • 打開のコツを少しつかんだ。

見た目

パワ:見た目かな。せっかくのプレゼントなんだし楽しげなほうがいいと思うよ。

志藤:なるほど・・・わかりました。では、その方向で作ってみますのでできあがる頃にいらしてください。

パワ:ああ!

パワ:志藤さんの手作りチョコか。楽しみだなぁ。

パワ:志藤さん、できた?

志藤:はい、ちょうど完成したところです。どうぞ。

(コトッ)

パワ:す、スゴい!チョコの上に、細かいデコレーションがいっぱい乗ってる!

志藤:アラザンとカラースプレーでデコレーションしてみたんです。どうぞ、食べてみてください。

アラザン

小さな銀玉状の砂糖菓子。

パワ:じゃあ遠慮なく・・・

(パクッ!)

パワ:おおっ、味も申し分なしだ!スゴいな、志藤さん!

志藤:い、いえ、そんな・・・レシピ通りに作っただけですから。

パワ:謙遜しなくていいって!これを貰える相手は幸せ者だよ!

志藤:・・・相手?

パワ:えっ、いないの?わざわざ作ったのに?

志藤:え、ええ、そうなんです。ちょっと便乗しただけというか・・・

パワ:なーんだ、そういう事か。勘違いしてゴメン。

志藤:いえ、今は先生と共に甲子園を目指すのが一番ですから。ただ・・・もし、もしもですよ?次の機会があったら、また私のチョコを召し上がっていただけますか?

パワ:もちろん!いつだって大歓迎だよ!

志藤:先生・・・!!はいっ、よろしくお願いします!

  • 体力が20上がった。
  • 技術ポイントが35上がった。
  • 精神ポイントが35上がった。
  • レーザービームのコツを少しつかんだ。

[エプロン]志藤玲美(しどうれみ)のコンボイベント

先輩方の気になる関係

コンボ相手:片桐恋

内容を表示する

(シュッ)

(カキーン!)

志藤:お見事です、先生!スイングにキレがありますね!

パワ:いやいや、志藤さんがアドバイスしてくれたからだよ。

志藤:いえ、私は何もしていません。全ては先生の技術の賜物で・・・

レン:せーんぱいっ♪お疲れ様です。

パワ:ああ、レンちゃんもお疲れ。どうしたの?

レン:さっきから見てたんですけど・・・先輩たちって仲がいいんですね。

志藤:ええ、先生にはいつもお世話になっていますから。

パワ:いやいや、むしろ志藤さんには助けられてばかりだよ。

レン:へぇ、そうなんですか・・・

志藤:(ゾクッ!?)

志藤:かっ、片桐さん!?なんだか雰囲気が・・・

レン:ふふっ、なんのことですか?

志藤:気のせい?でも、この背中に走る悪寒は・・・

レン:そ・れ・よ・り♪もしかして、お2人は特別な関係だったりするんですか?

パワ:えっ、オレと志藤さんが?

特別な関係だよ

パワ:まあ、練習で世話になってるし普通の関係じゃないよな。

パワ:ああ、そうだな。オレたちは特別な関係だよ。

志藤:せっ、先生!?

レン:そうなんですか・・・志藤先輩、美人ですもんね。

志藤:あのっ、片桐さん?それは勘違いで・・・・・・いえ、そうですね。たしかに、私と先生は練習中ですらベタベタしている関係です。

パワ:へっ?いや、さすがにそこまでは・・・

志藤:しーっ!先生は黙っていてください!

レン:ふーん。ベタベタ、ですか・・・

志藤:はい、ですがそれは先生の練習をサポートするため。私の代わりに先生と一緒にいてくださる方がいたら話は別なのですが・・・

レン:先輩と一緒に・・・志藤先輩!その役目、レンが引き受けます!レンにやらせてください!

志藤:そうですか?では、先生のことはお任せします。

レン:はいっ、先輩が活躍できるようしっかりサポートしますね!

パワ:ちょ、ちょっと待ってよ志藤さん!まだ練習が・・・

レン:もー、ダメですよ先輩。今のコーチはレンなんですから。

(ギュッ♡)

レン:コーチと選手は一心同体。ずっと、ずーっと一緒ですよ♪

パワ:う、動けない・・・

志藤:片桐さんにお任せしたほうが効果が上がると思ったのですが・・・判断ミスでしたかね?

  • 体力が13下がった。
  • レンちゃんの評価が4上がった。
  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • 敏捷ポイントが50上がった。
  • 精神ポイントが50上がった。
  • 追い打ちのコツを少しつかんだ。

別に何もないよ

パワ:別に何もないよ。ただ野球を教えてもらってるだけ。

志藤:え、ええ、そうなんです!それに、片桐さんと先生のほうがよほどステキな関係だと思いますよ?

レン:レンと先輩が・・・素敵?

志藤:そうですよ!こんなに誰かに尽くしてくれる後輩そうそうそうそういませんから!ですよねっ、先生!

パワ:ああ、確かに。レンちゃんはかけがえのない後輩だよ。

レン:本当ですか!?レン、うれしいですっ!

志藤:・・・ナイスフォローです。先生。

パワ:ん?志藤さん、何か言った?

志藤:いえ、何も。それより、片桐さん。これからも先生のことをお願いしますね。

レン:はいっ、先輩のことはレンにぜーんぶ任せてください!じゃあレンは部室に戻りますね!練習中、お邪魔しました〜!

志藤:はぁ・・・

パワ:志藤さん?顔色が悪いけど大丈夫?

志藤:え、ええ、大丈夫です。このとおり。

パワ:そう?じゃあ一緒に練習の続きを・・・

レン:(じーっ)

志藤:いえっ、やっぱりダメです!練習はここまでにしましょう!

パワ:残念、フォームの確認をしたかったんだけどなぁ。

志藤:先生はフォームよりもご自身の身の周りを確認したほうがよいかと思います・・・

  • レンちゃんの評価が8上がった。
  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • 技術ポイントが40上がった。
  • 精神ポイントが40上がった。
  • やる気が下がった。
  • 流し打ちのコツを少しつかんだ。

どっちが作ったの?

コンボ相手:[袴]明星雪華

内容を表示する

(ギュッ!)

(ギュッ!)

明星:志藤さんは、おにぎりを握るのも上手なのね。

志藤:いえ、それほどでも・・・

パワ:あれっ、志藤さん?なんでおにぎりを作ってるの?

志藤:明星さんのお手伝いです。他のマネージャーの子が休んでしまったそうなので。

明星:これが今日の差し入れよ。志藤さんのおかげで、なんとか作り終えることができたわ。

パワ:すごい量だ。これを2人だけで・・・

明星:袴を着ているせいかしら。いつも以上に気合いが入ったの。

志藤:先生、おひとつ味見してみてはいかがですか?

パワ:いいの?ありがとう。

(パクッ!)

パワ:美味しいな。作り手の気持ちが伝わってくるよ。

明星:えっ!?それって、私と志藤さんのどっちが作ったかわかるってこと!?

パワ:いや、そこまでは言ってないよ!?

志藤:先生ほどのお方なら、食べただけで作り手がわかる、ということもあるかもしれませんね。試しに答えてみてください。先ほどのおにぎりは、どちらが作ったものだと思われますか?

パワ:うーん・・・

セッちゃん(明星雪華が彼女の場合)

パワ:セッちゃんが作ったものかな?

志藤:はずれです。私が作ったものですよ。

パワ:そうなのか。いつものと同じくらい美味しかったからわからなかったよ。

志藤:うれしいです。明星さんが不在のときでも、代わりを務められるでしょうか。

パワ:ああ。選手の志藤さんに作らせるのは、気が引けるけど、お願いすることもあるかも・・・

明星:だっ、ダメ!そんなのダメよ、絶対!

パワ:セッちゃん?

明星:パワプロくんへの差し入れは私が作りたいの。代わりになんて・・・ならないで。

志藤:ええと、私は野球部全体への差し入れの話をしていたのですが・・・

明星:あっ、ごめんなさい。私の早とちりだったわね。

パワ:セッちゃんはあわてんぼうだなあ。

なるほど。先生のやる気の源、わかった気がします。

  • 体力が30上がった。
  • セッちゃんの評価が5上がった。
  • 精神ポイントが45上がった。
  • 競争心のコツをつかんだ。

セッちゃん(明星雪華が彼女ではない場合)

パワ:セッちゃんが作ったものかな?

志藤:はずれです。私が作ったものですよ。

パワ:そうなのか。いつものと同じくらい美味しかったからわからなかったよ。

志藤:うれしいです。明星さんが不在のときでも、代わりを務められるでしょうか。

パワ:ああ。選手の志藤さんに作らせるのは気が引けるけど、お願いすることもあるかも・・・

明星:待って、パワプロくん。確か志藤さんも吹奏楽部と兼部してなかった?

パワ:あっ、そうか。2人ともが留守にするときだってあるよね。

志藤:それは大丈夫です。私、吹奏楽部のほうにはあんまり行ってませんから!

パワ:それもそれでどうなの?

  • 体力が30上がった。
  • セッちゃんの評価が5上がった。
  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • 敏捷ポイントが22上がった。
  • 接戦○のコツをつかんだ。

志藤さん(明星雪華が彼女の場合)

パワ:わかった、志藤さんだ。

志藤:さすが先生、正解です!どうしてわかったんですか?

パワ:セッちゃんが作ったものじゃない気がしたからかな。

明星:どういうこと?

パワ:自分でも不思議だよ。セッちゃんの作ったものならわかるみたいだ。

明星:そ、それって、もしかして愛のカ・・・とか?

パワ:ははは、そうかもね。

志藤:あの一、お2人とも。私がいること、忘れていません?

  • 体力が20上がった。
  • セッちゃんの評価が5上がった。
  • 精神ポイントが45上がった。
  • 追い打ちのコツをつかんだ。

志藤さん(明星雪華が彼女ではない場合)

パワ:わかった、志藤さんだ。

志藤:さすが先生、正解です!どうしてわかったんですか?

パワ:やっぱり何か違う気がしたよ。うまく言えないけど。

志藤:いつもの味と違った、ということでしょうか。一体何が足りなかったのでしょう・・・明星さん、何かわかりますか?

明星:え!? う、うーん・・・和の心、とかかしら。

志藤:なるほど、 私も袴を着るべきでしたか!

パワ:いや、セッちゃんだっていつもは着てないでしょ。

  • 体力が20上がった。
  • セッちゃんの評価が5上がった。
  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • 技術ポイントが45上がった。
  • かく乱のコツをつかんだ。

答えられない

パワ:答えられないよ。食べただけでわかるわけないし。

志藤:そうでしょうか・・・先生ならできてもおかしくないと思うのですが。

パワ:さすがにムリだよ。いいじゃないか美味しかったんだし。

明星:もうっ。挑戦もしてくれないなんて。そんなパワプロくんには、この特製おにぎりはあげられないわね。

パワ:特製おにぎり?

明星:大きなシャケの切り身が入ったおにぎりよ。まさに逃がした魚は大きいってヤツね。

パワ:それは意味が違うような・・・

  • 筋力ポイントが45上がった。
  • 敏捷ポイントが67上がった。
  • 流し打ちのコツをつかんだ。

先生の先生

コンボ相手:美藤千尋

内容を表示する

(カキーン!)

パワ:さすが志藤さん。今日も安定してるな。

美藤:ああ、走攻守そろった理想の選手だ。誰かさんと違ってな。

な・ん・だ・とーっ!?

な・ん・だ・よーっ!?

志藤:先生!どうでしたか、今のバッティング!

美藤:先生?いったい誰のことだ?

志藤:えっ?パワプロさんですが・・・

美藤:おいおい、さすがに冗談だろ!こんな情けないヤツが先生だって?

志藤:冗談ではありません!ちーちゃんさんは先生のことを過小評価しすぎです!

美藤:ちーちゃんさん言うな!雑なのか丁寧なのか分からなくて混乱するだろうが!

パワ:いや、普通はその程度じゃ混乱しないだろ。

美藤:ご、ごほん、まぁ仮にだ。100歩・・・いや、1万歩譲ってパワプロが先生だとしよう。だが、それならば、パワプロより才能のある私こそ先生なんじゃないか!?

パワ:オレが格下って決めつけてるな。それなら・・・

話を合わせる

パワ:余計なことを言ってもこじれそうだ。ここは話を合わせよう。

パワ:はいっ!その通りです、ちーちゃん先生!

美藤:えぇい!ちーちゃん先生言うな!

志藤:あれっ?そういえば今日、ちーちゃんさんは5打数3安打でしたよね?

美藤:む?その通りだが、それがどうしたか?

志藤:私は5打数4安打。ちーちゃんさんよりも上です。つまり、ちーちゃんさんは私のことを先生と呼ぶべきではないでしょうか?

美藤:た、確かにっ!いや、ちょっと待てよ?3人がお互いに先生ということはぶつぶつ・・・

志藤:さっ、先生。ちーちゃんさんが混乱しているうちに練習に戻りましょう。

パワ:あ、ああ・・・

パワ:まさか、このためにあんなややこしい事を言ったのか?志藤さんって意外と策士だな。

美藤:私はパワプロの先生。だが、私の先生は志藤でありその志藤の先生は・・・あああああっ!同時に3つ以上のことなんか考えられるかーっ!

  • 志藤さんの評価が5上がった。
  • 技術ポイントが67上がった。
  • 精神ポイントが67上がった。
  • かく乱のコツをつかんだ。

対抗する

パワ:そんなことはない!実力なら負けないぞ!

美藤:ほう・・・いいだろう、ならば私と勝負だ。

志藤:望むところです!

パワ:って、志藤さん!勝手に承諾しないで!

美藤:よし、では決まりだな!ヒット数で勝敗を決めるぞ!

(カキーン!)

美藤:10球中、7本がヒットか。素晴らしいバッティングだ、志藤。

志藤:ちーちゃんさんこそ惜しい打球がけっこうありましたよ。正直、驚きました。

パワ:オレは3本で、精一杯だったのになぁ・・・・

パワ:というか、なんで志藤さんまで参加してるのさ?

志藤:すみません、2人の対決を見ていたらつい熱くなってしまいまして。

美藤:わかる、わかるぞ、その気持ち。お前も見どころがあるじゃないか。

志藤:ふふっ、認めていただけたようで、何よりです。

美藤:ああ!これからも良きライバルとして切磋琢磨していこう!

パワ:いつの間にか仲良くなってるし今のうちに退散するか。

美藤:・・・それにしても、パワプロ。さっきの不甲斐ないプレーはなんだ?

パワ:い、いやぁ、あれは練習後で疲れていたからで・・・

志藤:この期に及んで言い訳なんて先生らしくありません!

パワ:ええっ、志藤さんまで!?なんでこんなアウェーな空気に・・・

美藤:野球ならアウェーじゃなくてビジターだろうが!

パワ:そこ、ツッコむところ!?

美藤:問答無用!今日はみっちりしごいてやるから覚悟しろ、パワプロ! !

(ガシッ!)

助けてー!志藤さーーーん!!

志藤:すみません、先生。先生の才能を開花させるためには必要なことなんです。

  • 体力が13下がった。
  • 筋力ポイントが90上がった。
  • 敏捷ポイントが90上がった。
  • 固め打ちのコツを少しつかんだ。

-選手, 鳴響高校

Copyright© サクスペの女子キャラを愛でる。 , 2020 All Rights Reserved.